義父痴漢電車というまさかの展開に

――男というのは義理の娘だろうが、中○生でも欲情できるものなのか
高校に向かう途中の電車内にて、夏希は今、痴漢されていた。しかも相手はスーツを着た、彼女の義理の父親。
――新聞を読むふりをして、胸に手の甲を当てて来る。ばれていないと思っているのだろうか。毎日やられてれば、わざとだって分るんだから。父親だから黙っておいてあげてるだけなのに、彼は、
「ナツキのはまだ小さいな」
そんな事を言って彼女の胸をシャツの上からワシワシと揉んでいく。更にお尻の方へも手を伸ばし、パンツの上からスススと擦って見て、
「こっちはどうかな?」
なんて言って揉みつつ、下着まで卸して直にお尻を揉み始める。
――ずっと一定のペースで触り続けられるから、なんだか頭がボンヤリしてきた。
「嫌がらないのかい、夏希?」
無言の夏希。彼女は決してこんな状況を望んでいるわけでも、感じているわけでもない。だが、再婚したばかりの母親の事を思えば、ここで父を痴漢呼ばわりする事は出来ず、また、その勇気もなかった。
「嫌がらないってことはオーケーってことなんだな?」
そういうと彼は夏希のアソコまで手を伸ばし始め!?
――これは、美少女が父親にエッチな事をされまくっちゃうお話し。是非ご堪能ください。
愛知県 車 査定

痴漢特急

今日は社内の企画会議の日で、重役や部長などといった顔ぶれがそろってから今後のプロジェクトについての打ち合わせが行われていたのだ。

そして部長のプレゼンが行われた直後に一人の女性が意見したのだった。そして部長の計画書にある欠点を指摘して自分のアイデアを提案したのだった。

このOLの名は水沢麻子と言い、仕事が出来る有能なタイプで出世も順調だったのだ。そして重役は麻子のアイデアを採用することになり、部長は大恥をかいてしまったのである。

その日の仕事帰りの満員電車に中で突然麻子の後ろから痴漢をしてくる男がいたのだ。声を上げようとした麻子だが、一気にスカートを捲られて恥ずかしい格好にされてしまったのだ。

そして痴漢の男は胸を揉み始めて抵抗できない麻子に一方的に体を触り、しかも会社内での様子をしっている口ぶりで話しかけてきたのだ。麻子が後ろを振り返ると、そこには部長の姿があったのだった・・・。

何と職場の上司が恥をかかされた事の報復で満員電車の中で痴漢レイプをヤっちゃいます。抵抗できない麻子に対して部長は大胆な行為を繰り返すんです!

会議で恥をかかされた部長は顔を真っ赤にして反論できなくなって、「くやしいのう」状態で何もできずに大勢の部下の前でダメ上司の烙印を押される事に。

重役は麻子の事を評価しているけれども、同僚はまたコイツか!?といった冷たい態度で嫌がっているんですね。部長も麻子も社内では敵が多く嫌われているタイプですね。

このまま怒りが治まらない部長は麻子に復讐しようと電車内で堂々と犯し始めていくんです。しかも周囲の人間に気付かれても堂々と麻子とのエッチを見せびらかします。

そして遂に中出しまでしてしまい、麻子はもう部長に逆らえない状態に。しかも部長の周りにいた人間は全て会社内の上司たちという結末に!結構スリリングな展開で楽しめる作品ですよ!!
引越し 見積り 埼玉県