義父痴漢電車というまさかの展開に

――男というのは義理の娘だろうが、中○生でも欲情できるものなのか
高校に向かう途中の電車内にて、夏希は今、痴漢されていた。しかも相手はスーツを着た、彼女の義理の父親。
――新聞を読むふりをして、胸に手の甲を当てて来る。ばれていないと思っているのだろうか。毎日やられてれば、わざとだって分るんだから。父親だから黙っておいてあげてるだけなのに、彼は、
「ナツキのはまだ小さいな」
そんな事を言って彼女の胸をシャツの上からワシワシと揉んでいく。更にお尻の方へも手を伸ばし、パンツの上からスススと擦って見て、
「こっちはどうかな?」
なんて言って揉みつつ、下着まで卸して直にお尻を揉み始める。
――ずっと一定のペースで触り続けられるから、なんだか頭がボンヤリしてきた。
「嫌がらないのかい、夏希?」
無言の夏希。彼女は決してこんな状況を望んでいるわけでも、感じているわけでもない。だが、再婚したばかりの母親の事を思えば、ここで父を痴漢呼ばわりする事は出来ず、また、その勇気もなかった。
「嫌がらないってことはオーケーってことなんだな?」
そういうと彼は夏希のアソコまで手を伸ばし始め!?
――これは、美少女が父親にエッチな事をされまくっちゃうお話し。是非ご堪能ください。
愛知県 車 査定

コメントは受け付けていません。